大晦日に振り返る「袴田事件」袴田秀子さんの愛と信念

今日は大晦日。今年もあっという間の1年でした。年々、一年の過ぎゆくのが早く感じるのは、分母が大きくなるせいでしょうか。

みなさん、どんな一年でしたか? 今年もいろんなことがありました。話題となったニュースは多々あれど、私がいちばん嬉しかったニュースは、袴田巌さんが48年ぶりに釈放されたことでした。以前「AERA」の取材で、袴田さんの姉の秀子さんや弁護士さんたちと、小菅の拘置所に行ったことがあります。その時は面会はかないませんでしたが、秀子さんは毎月の面会を欠かさず、ずっと弟の無実を信じ、支え続けていらっしゃいました。1966年に起きた「袴田事件」、1980年12月に最高裁で巌さんの死刑が確定します。いつ死刑が執行されるかわからない恐怖の日々を、ひたすら弟、巌さんのことだけを考え、頑張ってこられました。今年の3月27日に再審が決まり、巌さんが保釈されたニュース映像で、秀子さんのほっとした本当に嬉しそうな笑顔を拝見し、胸が熱くなりました。48年という長い年月。秀子さんは81歳になっていらっしゃいました。この日を迎えられたのも、秀子さんの愛と信念が、巌さんの折れそうな心を支え、また支援者の心を動かしたのだと思います。冤罪で大きく人生を狂わせられたおふたり。いや、もう亡くなられたご両親や周囲の人々。これから先が、どうか安泰で幸せな日々であって欲しいと願うのみです。

ひとつひとつの出来事は心の中にとどめ置くとして・・・。

ちょこっとだけ今年を振り返ると、5月に新宿のコニカミノルタプラザで開催した写真展「明日へ。東日本大震災からの3年 ー2011−2014」と出版は感慨深いものがありました。特に写真集は、クラウドファンディングで、たくさんの方々からご支援をいただき完成、出版することができました。本当にありがとうございました。写真展の続編は、2015年2月からナガサキピースミュージアムで開催します。

仕事面では、キヤノンのプレミアムコンパクト G7 Xとよく旅をしたなぁ〜と。カタログ撮影やWOWOWさんとのコラボ企画「映画を巡る旅」、それに雑誌「ノジュール」の短期連載で、マイアミ、ラスベガス、ニューヨーク、南富良野、長崎、京都、函館。他にも沖縄、新潟、秋田、福島、などなど。

そして今年のJPS相互祝賀会では、写真家の沼田早苗さんとお餅つき。あまりうまくはつけなかったけれど、楽しい思い出となりました。

明日から2015年。幸せ一杯のいい年になりますよう!

webcover_ashitahe

 

 

 

 

 

 

 

 

webana_2542webJal_2530webnojkyoto

webmochi

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です